すずまさアグリカフェ

すずまさ農園の日々。新潟にUターン新規就農した元SE夫婦の営農記録です。
0

どんな農業経営をするか?

もう少しで営農開始!
現在、次のような形で野菜を販売を考えています。

◆主要2品目     農協と卸に販売
◆直売用10品目程度  スーパーの地場野菜コーナー、直売所で販売
◆そのうち数品目(とうもろこしなど)はインターネットなどを利用し遠くの方にも販売

主要品目は、初年度は長ネギとズッキーニです。
直売用野菜を販売する場所は、まだ調整中ですが、スーパー数店舗、直売所1店舗を考えています。

新潟市はスーパーの地場野菜コーナーが盛んで、どのスーパーも近隣の農家さんや出荷組合が頑張っていて、新鮮な地場野菜が並んでいます。
入れてもらえるか不安でしたが、先日、何とか販売できるスーパーを確保しました!最近まで、計画上の作る野菜の量に対して、まだ売る場所が足りない状態だったので、ほっと一安心です。


ここに落ちつくまで、二人で随分悩みました。
農業にはいろんな形があります。

【作物の種類】 : 果物、穀物、施設野菜、露地野菜、、、
【作物の規模 】: 大規模数品目、少量多品目、、、
【出荷先】 : 農協、市場持込み、生協や大規模飲食チェーン店への出荷、直売所、飲食店、個人、、、
【栽培方法】 : 慣行栽培(各地域の慣行的に行われている節減対象農薬及び化学肥料の使用状況での栽培)、特別栽培(慣行栽培よりも農薬や化学肥料の使用を控えた栽培)、有機栽培、自然栽培、水耕栽培、特別な資材を利用した栽培、、、

思いや生活、資産、要員数、他の事業との関連などから、千差万別の農業が営まれています。


研修を始める前から、目指す形が具体的になっているのが一番良いのですが、
私たちが決めていたことは、次の点だけでした。

○自分達の価値を付加した野菜の販売を手掛け、独自の販路を築いていきたい
○野菜、露地栽培、一年中出荷を出来る体制、いつかは従業員を雇用する

規模やどんな風に野菜を売るか?というところは
大きな規模で切れ目なく長期間野菜を出し続ける農業にあこがれたり、
個人に直接野菜を販売し、直接評価を頂ける形に面白みを感じたり、
さまざまな農業の姿に魅力を感じて悩んでいました。

研修中もずっと考えていたのですが、結果、私たちの農業経営は上記になりました。現状私たちが可能なこととやりたいことのバランスをとった形です。

堆肥や有機資材を使った土作り、化学肥料と有機肥料を両方使用しつつ、特別栽培を目標にして栽培します。有機・慣行などの境なくいろいろ勉強し、自分たちが良いと思ったことを試しながら、美味しい野菜を作っていこうと思います。

実際やってみて、自分たちに合ったスタイル、売ってみたい場所、いろいろ見えてくるんじゃないかと考えています。5年後、10年後と変化していくことを前提に、この形で1年目を迎えたいと思います。

変わっていくことが前提のため、最初に大きな投資はせずできるだけ身軽な形でスタートします。

つづく


美鈴

0

開業届け提出してきました!

研修も、あと2週間ないんですね。

2月1日からの事業開始なのですが、お先に税務署に開業届出してきました!
本当は開業してから提出するものらしいのですが、厳密に決まっているものではないらしく、今日でも大丈夫でした。

・個人事業の開業・廃業等届出書
・所得税の青色申告承認申請書
・青色事業専従者給与に関する届出書

の3点を記入して提出しました。

職業は「農業」
屋号は「すずまさ農園」
での登録です♪
もう個人番号(マイナンバー)も記入するようになっていましたよ。

夫が事業主で、私は専従者として働きます。
一部ずつ控えをもらって、これを元に銀行で屋号での口座が開けるらしいです。

これで2月1日から「すずまさ農園」開業です。
気持ちが引き締まりますね。


美鈴



2

明けましておめでとうございます。堆肥まき中です。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

新潟の元日は太陽に恵まれ、朝7時に新潟市内にある白山神社に初詣に行く途中で
「初日の出」を拝む事ができました。
今年は私達にとって営農を迎える年であり、上々の年明けです。

今日は2日ですが、さっそく農作業です。
二人で仲良く堆肥まきをしています(笑
7時頃より作業していますが、先ほどより雨が降ってきた為、小休止中。

業者から畑に堆肥を運んでもらって、それを私達が畑に撒いています。
作業としては堆肥を山から軽トラに積んで、移動して撒くの繰り返しです。
運んでもらったのは2tトラック6台分で、写真のひと山がトラック1台分。
堆肥まき


一人で4時間程かけて1台分を撒く事が出来ます。
時間が掛り過ぎる為、次回からもっと時間のかからない方法を考えないとダメですね。

堆肥の山も後2つ。
研修の合間をみて1月中には撒き終わらせます!
撒き終わるまで雪が降りませんように。。。


将大

2

ハウスを建てる予定地の整備完了!

ハウスを建てる予定地の整備が一旦完了しました!

11月頭の草刈りから始まり、草を移動し、松を抜いて、トラクターで耕耘。

日曜しかできず、11月に入ってから天気も悪い日が続き、雪が降るまでに形になるか不安でしたが何とか一区切り付きました。

なんとかここまで進められた最大の要因、なんと、私の両親が一週間の休みを取って広島から手伝いに来てくれたんです。うちの父は、山奥の村の出身で、草刈りやチェーンソーを使った作業などお手の物。天気がすぐれない中、草刈りをしたり、私と一緒に松を抜くのを手伝ってくれたりしました。母も草を一生懸命運んでくれました。

松の木をどうやって抜くか悩んだのですが、まずは1.5cm径のワイヤーを木にまいてトラクターで引っ張ってみる事にしました。これで抜けなければ、パワーショベルをレンタルして土を掘り上げようかと思ったのですが、なんとかこの方法で全ての松が抜けました。
トラクターで松を抜く1
トラクターで松を抜く2

松の根は幹と同じくらいの太さの物がまっすぐ地面に刺さっており、横にも根が張りだしています。大きな松は一度では抜けず、方向を変えて何度か引っ張って漸く抜けました。
砂地の畑だからこの方法で抜けたのかもしれません。
抜いた松


刈払機で草を刈る時、小さな松の木は刈払機で切ってしまうものもありました。切り株は根が張っており、そのままではトラクターで耕耘出来ないので、そういうものは土を掘って、手で抜くか根にワイヤーを巻いてトラクターで抜きます。
切り株を掘る


父と母か来てくれた一週間の間に何とか松を抜きあげ、先週、今週の日曜日で刈った草を端に移動し、トラクターで耕耘しました。
抜いた松は60本以上、本当は松も小さく切って一か所にまとめたりしたかったのですが、雪が降る前にハウスを建てる場所を耕耘までしてしまいたかったので、この作業は後回し。

耕耘すると、一気に畑っぽくなりました!
ハウスを建てる予定地の整備完了

耕作放棄地の開拓、土地に愛着も湧きますね。
ここを基盤にして、私達の農業が始まります!


美鈴

0

パイプハウスを建てる農地が見つかりました!

良い報告があります!
農地探しを始めて以来、ずーと悩んでいたパイプハウスを建てる農地が漸く確定しました!!

作業場+育苗用パイプハウスを建てる場所として、「舗装道路沿いで海風を遮れる」を探していました。中々借りられる場所も見つからず悩んでいたのですが、地域の人づて&研修先農家さんの紹介でちょうど良い舗装道路沿いの平地を2か所借りる事が出来ました。

私達の畑がある地域は日本海のすぐそば。冬の海風はとても強いです。
借りられた2か所の畑の内、一つは海側に防砂林があり海風が少し弱められるため、そちらの方にパイプハウスを建てることにしました。

私達が借りる事が出来た農地は現在4か所。
  ・4反8畝の畑(北向きの少し斜傾のある畑)
  ・2反5畝の畑(南向き斜度のある畑)
  ・2反の畑(舗装道路沿い、パイプハウス予定地)
  ・2反の畑(舗装道路沿い、平らな畑)

パイプハウスを建てる予定の農地は、もう何十年も耕作されていない土地で、草だけではなく小松もたくさん生えています。使えるようにするためには、この松を抜いて開拓をする必要があります。
草刈り前の様子
(前の方ちょろっと草刈りした時の写真です)

計画としては、以下のように進めるつもりです。
   草を刈る
   草を畑の端にどける
   ごみを拾う
   松を抜く
   松を畑の端にどける
   境界松の枝を剪定する
   耕耘する
   パイプハウスを建てる


早速、開拓の開始です。
畑を正式に借りれた11月初めより作業を開始しました。
まずは草刈りです。
草刈りの様子


初日に5時間ほど草を刈りましたが、およそ20aの農地全面に背高あわだち草が広がっているのと、
障害物が多い為、全体の3割程しか進みませんでした。
中々強敵ですね。

そして今回、降雨の為2週間ぶりに2回目の草刈り作業です。
今回はあまり時間が無く3時間程度草刈りを行いました。
漸く半分程度の草を刈り終わりました。
半分草刈り後の様子

草を刈ると、松がしっかり見えますね。
隠れていた松も姿を現し、思っていたより松が多い感じがします。。。
まだまだ先は遠いです。

私達は研修中の身の上であり、休日である日曜日の限られた時間がしか作業ができません。
独立までに開拓出来るのか気になるところです。


将大

このカテゴリーに該当する記事はありません。