すずまさアグリカフェ

すずまさ農園の日々。新潟にUターン新規就農した元SE夫婦の営農記録です。
2

トウモロコシの収穫が始まりました!

26日から研修先の農家さんのところで、トウモロコシの収穫が始まりました!

朝4時前、日の出前の薄暗い中、大きなトラック数台で畑に向かいます。
畑についたら、コンテナを乗せた台車を引いて、トウモロコシ畑に突入します。

一つ一つの株に付いている、パンパンになったトウモロコシをバキッっと折り取ってコンテナの中へ。
山盛りになったら、外に出てコンテナを所定の場所に並べます。

そこから、チェック部隊が大きさや虫食いなどをチェックして、出荷用のコンテナに綺麗に並べてトラックに乗せる。

収穫コンテナが並んだ様子

実を採った後の木は、こんな風に曲がってます。
収穫後のトウモロコシの株
この凹んでいる部分に実が沿っていたんですよ。
この曲がり具合、なんか可愛いくないですか?

====

トウモロコシは、朝収穫したものが一番甘いです!

葉に蓄えられた糖分は、夜に実に移動します。
日があたりだすと、糖分の一部は実を大きくするのに使われ、甘みが減ってしまうそうです。
実の水分量も温度があがる前の朝が多くて、みずみずしいです。

なので、トウモロコシは朝採りが一番!
温度が上がらない7時までに収穫作業を終わらせます!
そして急いで冷蔵庫へ。

======

休憩時間に、おやつとしてトウモロコシを頂きました。
トウモロコシ、生でも食べられるんです。

皮をむくとこんな感じ。
黄色い実がぎっしり。
トウモロコシの実

採れたてのトウモロコシは、すっごく甘くて瑞々しくて、、、フルーツのようです。
いや、フルーツより甘いかも。
かじりつくとジュワッと果汁が出てきて、パンチのある甘さが広がります。

ホント、うまいです!
収穫直後のトウモロコシを生でパクリ

====

これから3週間、トウモロコシの収穫が続きます。
ブログもあまり書けないかもしれません。
睡眠不足と戦いつつ、トウモロコシ収穫がんばります^^


美鈴


0

最近のズッキーニとカボチャの様子

ズッキーニ、ここまで健康に育ってくれていたのですが、先週あたりからとうとう病気が出始めました。
葉に白い斑点が広がる「うどん粉病」と茶色い斑点が広がる「褐斑細菌病」だと思われるもの。

褐斑細菌病だと思われる葉っぱはこんな感じ。
ズッキーニ_褐斑細菌病だと思われる葉


とりあえず、病気にかかっている葉っぱを除去。そして、ひどい状態の株を撤去しました。
それから、殺菌系の予防。

ズッキーニの実が出来る勢いもここ数日はダウン気味。
後1回追加で肥料を与えて、後2週間収穫をするのが目標です!


===

私たちは、お客さんの要望により、ズッキーニを大きくしてから収穫しています。
通常のスーパーで売っているサイズよりずっと大きなサイズです。

収穫する時は、サイズの見定めのため、手をこんな感じで当てて確認!
ズッキーニ収穫_サイズの見定めの様子
私の場合は、実の端に手をバッと開いて当てて、実の付け根まで3cm以上あるものを収穫しています。
これはギリギリ収穫し始めるくらい。
ホントは目算で分かるのが一番なのですが、、、初年度ですしね^^


===

そして、全然報告していなかったカボチャですが、いつの間にかこんなに大きくなっています。
カボチャの畑の様子



この一ヶ月で、ツルを切ったり実を落としたりして、一つの株から二つのツルを伸ばして、そこに2つ実をつけるようにしました。

1つ目の実は大分大きくなって、こんな感じ。
カボチャの実_マット敷き

実の下にプラスチック性のマットを敷いています。
土に付いている部分は、黄色くて緑色になっていません。日の光を当ててこの部分の色を出すためと、実の表面を綺麗に保つために敷きます。

ズッキーニは花が咲いたら数日で実が大きくなりますが、カボチャはじっくりと大きくなります。
その分、カボチャの実が大きくなってくると、嬉しい気持ちになりますね。

このカボチャは、ホクホクあまーい栗カボチャ。
カボチャも大好きなので、食べる日がくるのが楽しみです。


美鈴







0

ニンジンの収穫開始!

今週からニンジンの収穫が始まりました!

この時期のニンジンは葉っぱがしっかりしているので、基本的には大きなニンジン収穫機でドカドカ収穫します。
だけど、大きなニンジン収穫機が最初に通る道を作ってあげないといけません!
なので、ここは人手で収穫。

砂地の畑なので、ニンジンは掘らなくてもスポスポ抜けます。
今回は、2人から3人でニンジンを抜いて端にまとめて置きます。
それを4人の人で葉を切り落としてコンテナに入れるフォーメーションで収穫しました。
写真は、端にまとめて置いた状態。
ニンジン収穫の様子


私はニンジン抜き係。
腰を折って地面に手を伸ばした状態で、ミレー画の「落穂拾い」みたいな姿勢をずーっと続けます。
やっぱりこれは腰にきますね。

でも、去年ここの農業体験でやった時よりずっと楽でした。
あの時は、これを毎日やるのは無理なんじゃないかと思ったけど、今は行ける気がする!
筋力とか楽なやり方とか、この一年でいろいろ身に付いてるのかも。

===

ニンジンの葉っぱはホワホワしてて、繊細で、なんだか可愛いです。
ぜひこの光景は、いろんな人に見てもらいたいなー。
ニンジン畑



美鈴






0

トウモロコシの穂切り&複包取り

ここ数日は、トウモロコシの管理作業が続いています。
今日は、トウモロコシの穂切りと複包取り。

通常、トウモロコシの実は葉っぱが生えている所に一つ出来ます。
ところが、時々一つの葉っぱの所から、二つ出たり脇に小さな子どもみたいなのが出来ることがあります。
これを複包(漢字は聞いてないけど、この字?)と呼んでいます。

分かりづらいかもしれませんが、こんな感じのやつです。
トウモロコシの複包1

トウモロコシの複包2


これが大きくなると、本体の実を圧迫して形が悪くなり売り物としてB品になってしまうので、今のうちに取っておきます。


===

それから、穂切り。
トウモロコシの上の穂は雄花。
甘い匂いがするのか、虫がすごく付きやすいです。
小さな芋虫みたいなのが付くと、実まで食べて壊滅的な状態を招いてしまいます。

なので、風で倒れるのを防止するのと、この虫が付くのを防止するために、花粉が飛び終わったらこの穂を切っちゃいます。

ぱっと見、全然華やかじゃないトウモロコシの花。
こんな花でもミツバチには分かるようで、ブンブン回りを飛んでました。
トウモロコシの穂とミツバチ
真ん中らへんにミツバチが居るのが見えますか?


====
ここ数日ずっと曇の日が続いていましたが、今日はキレイな青空。
太陽が見えて、汗ばむ陽気です。
こんな日のおやつは、、、、やっぱりスイカ!!
うまいーっ!!

スイカを食べる


美鈴

0

ニンジン畑の除草

今日の作業のメインは、ニンジン畑の除草でした。
雑草の草取りです。

除草は暖かい時期の重要な管理作業の一つです。
一雨降るごとに雑草は大きくなり、増えていきます。
そして、特にニンジンは葉っぱが大きくなるのに時間がかかるので、除草しないと雑草にニンジンが負けてしまいます。

畑によって雑草の生えやすさは違います。
ずっと雑草管理をきちんとされている畑や、周りが綺麗に管理されている畑ばかりだと少ないし、
周りに山や耕作放棄地があると、雑草の種が飛んできて生えやすいです。

これから夏にかけては、雑草は脅威のスピードで大きくなり、増えていきます!
私たちがズッキーニを植えている畑も、ちょっと手が回らない間に随分緑色の絨毯になってきてしまいました。
今のところ作物の成長には影響を与えていないレベルだと思われるので、早めにこちらも対処しなくては。。。

ーーー

雑草対応の基本は、小さい時に対処する、だと教わりました。
大きくなるにつれて、除去に手間がかかります。

今日はちょっと大きくなった雑草の除草。
畑にしゃがんで、鎌を片手にガンガン根っこを切りながら雑草を抜きます。
そして、抜いた雑草はまとめておいて、後から畑の外に持ち出しました。

扇風機に溜まったホコリを取り除いたり、スリッパのデコボコに溜まったゴミをちょこちょこ取り除いたり、洗濯機のゴミ集めに溜まったゴミをポンと捨てたり、そういう溜まったゴミをゴッソリ捨てるのが好きな私。
(溜まる前にコマメに掃除すれば本当は良いんでしょうけど。。。)
結構、この草取りも好きなんです。
ザクザク草を退治して、綺麗になった畑を見るのは快感だったりします。

しゃがんだ状態だと腰が痛くなるので、私は膝をついて草取りします。
四つん這いになって移動しながらだと、結構1日中やっていられます^^

ーーー

綺麗になったニンジン畑。
ちょっと所用?で顔をニンジン畑の中に突っ込んだら、、、

ニンジンの葉から木漏れ日がチラチラと差し込んで、なんだか森の中みたいな。
ニンジンの森

ちょっと綺麗じゃないですか?
思わず写真撮っちゃいました。



美鈴


1

角田山天気予報

研修先の農家さんの畑からは、角田山がよく見えます。
付近の小学生が遠足で登山したりする、地域になじみの深い山のようです。

高さは481.7m。
畑からは直線距離で8kmくらい?10kmは離れていません。

畑で作業している時に、ちょろっと雨が落ちたりすると、
農家さんやパートの人たちはこの角田山を見ます。

角田山が見えると、この雨はすぐに止んで強くはならない。
角田山が隠れると、ここも雨になる。

===

始めてその話を聞いた日、角田山ははっきりと見えていました。
こんな近くの山が見えなくなる?
にわかには信じられず、見えなくなるって言ってもうっすらなんだろうと思っていました。

でも、角田山は隠れるんです!
別の日に雨が落ちたとき、本当にそこに山があるとは分からないほど、灰色な空に包まれていました。
そして、その雨は段々強くなり、、、
雨がやむ頃には、また角田山は姿を現しました。

====

こちらが晴れた時の角田山。
晴れた時の角田山


こちらが隠れた後、半分姿を現した状態の角田山。
畑が違うので、周りの風景が違いますが、角田山までの距離はほとんど同じ。
全部隠れていると、どこにあるのか分からなかったので、半分出てる時を狙いました。
半分隠れた角田山



ここら辺の地域は、いつもこの山の方向から風が吹いてきます。
なので、山の様子ですこーしだけ先の天気予報ができるんですね。

それから、、、
雨の前は風が冷たくなって、風が止んでから雨が降り出します。


今日も角田山が隠れました。
その様子を見て、雨が降るねーと会話をしている自分。
地域に馴染んできた?とちょっと嬉しくなりました。



美鈴





0

ヤングコーンの収穫

今日からヤングコーンの収穫が始まりました!

カートにコンテナを乗せて、トウモロコシの間を移動しながら小さなトウモロコシを収穫します。
なかなか良い眺め!
トウモロコシ収穫の様子


トウモロコシは、一つの茎にいくつかの実がなります。
その内の一つに栄養が集中するように、一つだけ残して、残りのトウモロコシは小さい時に取ってしまいます。
そのトウモロコシをヤングコーンとして出荷しています。

トウモロコシの実

写真ではちょっと分かりづらいかもしれませんが
茎の上の方に一個大きめのトウモロコシがあって、下の方(手を添えている方)に小さいのがあります。
この小さい方をボキッと折って、収穫します。


=====

今日は時々雨がちらつく曇り空。
青空は恋しいけど、暑くなくて作業はしやすかったです。

自分の背丈ほどのトウモロコシが作る一本道を、
コトコト、カートを押して歩く。

自分の足音と、ポキポキとトウモロコシを折る音。
そして、時折聞こえる電車の踏切の音。

ここ一週間ずっとしゃがんでする仕事が続いていたので、足を曲げずに歩く仕事なのも開放感が増し、中々気持ちのよい作業でした。


しかーし、うちの旦那は花粉症がひどく、どうやら稲花粉もダメみたい。
トウモロコシはイネ科の作物。
上の穂からは黄色い花粉がワサワサ降ってきて、痒かったりくしゃみが出たり大変だったようです。
途中からちゃんとマスクしてやってました。

トウモロコシ、独立後の経営作物に加えられないかも?


美鈴


0

パプリカの整枝準備

月、火曜とパプリカの整枝準備をしました。
枝を沿わせる紐を上の方から吊るし、その糸をパプリカの茎に結びます。
私は糸を茎に結ぶ作業を担当しました。

パプリカの紐張り


パプリカの株の前に座って、紐を引き寄せ、片側2本、反対側に2本。
結ぶ時にちょっとコツがいって、パプリカの茎を締め付けない様に結びます。

左右の指を曲げたり伸ばしたりして紐を結んでると、
なんだか指編みやタティングレースをやっているよう。

一つ一つのパプリカをコツコツ結んでいってパウス一棟を仕上げていく様は、一つ一つ編み目を作って大きなレースを作り上げていくような感じ?
結構面白くて、この作業好きでした。

ただ、ずっとしゃがんでやっているので足がどうにも痛い事と、
ハウス内は非常に暑くて汗だくな事は編み物してる時とは全然違いますが。
もっと快適にできると楽しいんですけどね。



美鈴


0

ズッキーニの整枝。そして出荷できました!

ズッキーニの葉がわさわさしていたのをずっと気にしていたのですが、時間がなくて。。。
今日やっと整枝しました。

いろんなやり方があると思うのですが、今回はこんな感じでやってみました。

・収穫したズッキーニよりしたの葉は取る。ただし、地面に茎が接している葉の腕は残す(株がグラつきにくいように安定させるため)
・下の方に生えていたわき芽を切除
・主茎を支柱に結ぶ

整枝前は、細い茎の葉が実を隠す様にたくさん茂っていました。
実が見えないし、邪魔だなと思っていたのですが、これは全部わき芽から出ていました。
ズッキーニわき芽


わき芽にも花が咲いたり、実がついたりしていたのですが、これらはほとんどのものが地面に接している部分が黄色になっており、商品としては出荷できないものでした。
そんなわき芽は要らないので除去!

わき芽を取ると、なんだか随分さっぱりしてしまいましたが、これで収穫作業も速くなりそう。






整枝前 整枝後
ズッキーニ整枝前
ズッキーニ整枝後


===

そして、無事ズッキーニを出荷することが出来ました!
大きめのズッキーニを飲食店向けに。

自分で管理した野菜が初めて売れました。
自分たちのものとしてではなく、研修先農家さんの商品としてですが、農家として第一歩を踏み出したようで、嬉しいです。


美鈴




0

トウモロコシの間引きとスイカ

今日は暑かった!
新潟も最高気温が30度です。

カブが終わって、今週から外作業が続いています。
今日はトウモロコシの間引き。
トウモロコシは2粒ずつ植えていたので、これを元気な大きい方を残して1本にしていきます。

目の前には1町8反の畑に広がる、間引きを待つトウモロコシ。
1町8反は18000m2、5400坪。畳だと10800畳=6畳間×1800。

一つ一つ鎌で刈って1本にしていきます。
4人で黙々と切っていきます。
大切な作業だと分かっているのですが、30分で自分がこなした量を見て、先の長さに気が遠くなります。。。



「”農業をやる体を作る”というのは、孤独な環境で単純作業を続けられる精神を持つことだ」



以前教えてもらったこの言葉を噛み締めつつ、腰の痛みをごまかしながら一日作業を続けました。
今日で3日目。後1日はかかりそうです。

=====

こちらは随分前に間引きは終わって、雄花(上の穂)が出てきたトウモロコシ。
(収穫時期をずらす為に、複数段階に分けて育てています)
穂が出てきたトウモロコシ

強い日射しといい、穂の付いたトウモロコシといい、夏が近づいているなーと思っていたら、
今日の三時のおやつはスイカでした!

おやつのスイカ
(写真取った時には、美味しいところを既に皆が取った後でした。。)

新潟市の海沿いはスイカの産地なんです。
どうやらスイカの初競り、出荷が始まったようで、研修先の親戚農家さんからスイカのおすそ分け。

汗かきまくった後のスイカ、したたる水分がのどや身体に染み渡ります。
そして甘い!シャリシャリとした食感もさわやかで、めちゃめちゃ美味しかったです。
これから夏にかけてスイカがたくさん食べられるみたい。
これは楽しみです!!



美鈴


該当の記事は見つかりませんでした。