すずまさアグリカフェ

すずまさ農園の日々。新潟にUターン新規就農した元SE夫婦の営農記録です。
0

タマには温泉

今日は仕事帰りに、ドライブ&温泉に行ってきました。

家から車で30分くらいの所に、岩室温泉という温泉街があるんです。
冬場からタマに入りに行っていたのですが、最近は行ってなくて、久々の温泉です!

いつも行くのは「だいろの湯」という立寄り湯。
3つの温泉が湧いていて、中でも黒っぽい色で硫黄の香りがする「大庭園露天風呂」がお気に入りです。
50畳の四角い大きなお風呂で、屋根があるけど壁がない感じで外の空気が通り抜けて気持ちが良い。

====

いつもは一番近い道を通って行くのですが、今日はドライブがてら海沿いの「越後七浦シーサイドライン」を通って行ってみました。
結構この道良いですね!
一面に広がる海を横に見ながら走れます。
それから、岩が良いです。トンネルの様に穴が空いた岩や変った形の岩、それから海に迫る様に切り立った大きな山肌も雄大で迫力があります。

私たちが通った時間もちょうど夕日の時間で、海が綺麗に見える駐車スポットにはカメラを構えた人が何人もいました。

視界いっぱいに広がる海と空。
夕日に染まる雲と差し込む光がとてもキレイで。
ずっと見ていたい、染み入るような光景でした。
シーサードラインから見た夕焼け

====

ドライブ&久々の温泉。
この二週間草取りばかりして凝り固まった、身体も心もほぐしてもらいました。

来週からまた頑張るぞ。

美鈴








0

ニンジンの芽と草取り

お盆の時期は涼しかったのに、明けてから暑い晴れの日が続いてます。

研修先農園では今の時期は、秋冬に収穫する作物に切り替わる時期で、ハウスはパプリカが植わっていますが外の畑は綺麗に平。今、ニンジンとカブの種を蒔く作業真っ盛りです。

種を蒔くのは農家さんがトラクターでガーッとどんどん蒔いていきます。
旦那は、蒔く前の準備として肥料を撒いたり、蒔いた後に水を撒く準備。
私は、パプリカの収穫や整枝、そして草取りなどをしています。

======

お盆が明けて、最初に種を植えたニンジンが芽を出してきました。
双葉から本葉が顔を出して、畑に列を作っています。
ニンジンの芽

ニンジンは初期の成長が遅く、雑草が生えているとそちらの成長に負けてしまいます。なので、ニンジンは初期の草取りが重要です。生えてない所は全然なかったりしますが、多い所は雑草がニンジンがどこに生えているか分からない状態。
雑草に埋もれるニンジンの芽
写真の場所は畑と耕作放棄地の境で凄く雑草が多いところです。ヒユ、葉くさ、ヤワラなどの雑草が沢山生えてきています。この写真だとニンジンの芽は全然分からないですね。じっと見ると黄緑の線がうっすら見えてくるはず、それがニンジンの芽の列です。

ヒユ、アカザ、葉くさ、ヤワラ、ずんずら、フェ、、、
雑草にも名前があります。ヒユやアカザは全国的に呼ばれてる名前だと思うのですが、その他は多分この地域独自の呼び方。
ヤワラは柔らかいシュッとした葉が伸びている草で、ずんずらは大きくなると茎が地面を張って広く伸びてブルーベリーみたいな紫の実がどっさり生る草。結構、草の形容を表した名前が付いていて面白いです。でも、「フェ」はなんでこんな名前なのか不明。

======

雑草は、小さい状態でびっしり生えていたら、立ち鎌みたいなものでこすり切るように取ります。これはほうきを使うような感じで身体への負担は大きくないのですが、もう少し大きくなってきたら手で一本一本取り除くようになります。

ニンジンの列の間に足を入れて、四つん這いになって。
私の場合は軽く左手を地面に付いて、もう一方の手で草を抜きます。ずんずんと前に進みながら草を抜いて、ある程度の量がまとまったら横の通路に置いていきます。

パートさん達と5人で横一列に並んで皆一緒に前に進んでいくので、遅れると目立つんです。パートさん達は草取りも非常に早いので、私は遅れない様に必死に付いていかなくてはなりません。
迷いが生じたりすると遅れるので、結構気が抜けないんです。
そして、日光があたる地面を凝視し続けるので、目が疲れます。

半日もこの体勢で作業していると、地面に付いている方の手は手首が痛くなってきてしまいます。それから腰も。そして、日照りが強いと土の温度も上がるので、地面に付いている手や膝が熱い!

これから一ヶ月くらい、私の作業はほとんどニンジンの草取りになる予定です。ニンジンの様子をじっくり見れるのは良いですが、一日中草取りが毎日続くとヨッパラになりそうです。
(ヨッパラになる:最近覚えた新潟弁。飽き飽きする、嫌になる)


美鈴

0

パプリカ収穫

月曜でニンジンの収穫も終了!
これからは当分、次の作付け準備とパプリカのお世話がメインの作業となりそう。

ハウスには収穫を待っている赤、黄色のパプリカがズラーリ。

パプリカは、枝に付いているパプリカの付け根ギリギリの所をハサミで切って収穫します。
ちょっとブレた写真ですが、こんな感じ。
パプリカ収穫_ハサミで切るところ

付け根はぷくっとふくれていて、ここが付いた状態で収穫するのが鮮度を保つポイントだそうです。

今日は男性陣も一緒にパプリカ収穫に参加していたので、旦那が収穫している様子を写真に撮ってみました^^
パプリカ収穫の様子

====

連日35度位まで気温が上がっているこの頃。
外も暑いし、ハウスの中ももちろん激暑です。
日射しを遮断して、温度が上がりすぎるのを防止するシートがハウスにかけてあるのですが、それでもやっぱり暑いです。

研修先農家さんの所では、今週から昼休みの時間を一時間長くして、仕事終わりを一時間遅くすることになりました。夏時間体制とのこと。

14時から午後の仕事が始まります。16時くらいまではじっとしてても汗が出てくる感じだったのですが、それ以降は徐々に涼しくなってきます。ここからが絶好のお仕事タイム。ぐっと身体が楽に動きます。

最初に夏時間体制の話を聞いた時には、帰りの時間が遅くなるのは嫌だなーと思ったのですが、あっつい時間に働いて、この涼しく快適に働ける時間に仕事を切り上げるのは確かにもったいない気がしました。昼寝の時間も取れるし、この方がずっと身体に優しそうです。

いつの間にかもう八月。
この暑い日々もあっという間に過ぎていくんだと思うと、しっかり味わっておこうという気になります。
しっかり汗をかいて、仕事後のシャワーの後のビールを美味しくいただきながら、夏を乗り切ろうと思います。

美鈴




該当の記事は見つかりませんでした。