すずまさアグリカフェ

すずまさ農園の日々。新潟にUターン新規就農した元SE夫婦の営農記録です。
2

ハウスを建てる予定地の整備完了!

ハウスを建てる予定地の整備が一旦完了しました!

11月頭の草刈りから始まり、草を移動し、松を抜いて、トラクターで耕耘。

日曜しかできず、11月に入ってから天気も悪い日が続き、雪が降るまでに形になるか不安でしたが何とか一区切り付きました。

なんとかここまで進められた最大の要因、なんと、私の両親が一週間の休みを取って広島から手伝いに来てくれたんです。うちの父は、山奥の村の出身で、草刈りやチェーンソーを使った作業などお手の物。天気がすぐれない中、草刈りをしたり、私と一緒に松を抜くのを手伝ってくれたりしました。母も草を一生懸命運んでくれました。

松の木をどうやって抜くか悩んだのですが、まずは1.5cm径のワイヤーを木にまいてトラクターで引っ張ってみる事にしました。これで抜けなければ、パワーショベルをレンタルして土を掘り上げようかと思ったのですが、なんとかこの方法で全ての松が抜けました。
トラクターで松を抜く1
トラクターで松を抜く2

松の根は幹と同じくらいの太さの物がまっすぐ地面に刺さっており、横にも根が張りだしています。大きな松は一度では抜けず、方向を変えて何度か引っ張って漸く抜けました。
砂地の畑だからこの方法で抜けたのかもしれません。
抜いた松


刈払機で草を刈る時、小さな松の木は刈払機で切ってしまうものもありました。切り株は根が張っており、そのままではトラクターで耕耘出来ないので、そういうものは土を掘って、手で抜くか根にワイヤーを巻いてトラクターで抜きます。
切り株を掘る


父と母か来てくれた一週間の間に何とか松を抜きあげ、先週、今週の日曜日で刈った草を端に移動し、トラクターで耕耘しました。
抜いた松は60本以上、本当は松も小さく切って一か所にまとめたりしたかったのですが、雪が降る前にハウスを建てる場所を耕耘までしてしまいたかったので、この作業は後回し。

耕耘すると、一気に畑っぽくなりました!
ハウスを建てる予定地の整備完了

耕作放棄地の開拓、土地に愛着も湧きますね。
ここを基盤にして、私達の農業が始まります!


美鈴

該当の記事は見つかりませんでした。