すずまさアグリカフェ

すずまさ農園の日々。新潟にUターン新規就農した元SE夫婦の営農記録です。
0

春カブの出荷、終了しました!

4月10日から始まった、春カブの出荷が今日で終了しました。
明日からまた8時出勤の日々に戻ります。

春カブ、思っていた以上に美味しくて、宝物をみつけた気分です。
それと同時に、カブをメイン作物にする難しさも知りました。

まず、ある程度大きな調製場所が必要です。
プールやカブ洗い機を置く場所。収穫した大量のカブを置いておく場所。
そして、出荷するまでの冷蔵庫を置く場所。
私達のような土地も家もない新規就農者には、その場所を用意するのは難しいです。

そして、調製を手伝ってくれる人の確保。
研修先の農家さんでは、常に10人程度の人でカブの調製をやっていました。
今手伝ってくれているパートさん達は、ほぼ皆さん60才以上の方々。
農業系のパートさんは、この年代が多いそうです。
やっぱり3k職場だし、給料もサービス業に比べて高くできないし、キツい姿勢で作業することが多いし、若い人は中々続かないみたいです。
新潟に知り合いも少なく、ツテがない私達がパートさんを見つけるのは中々大変。


それから、出荷先。
カブは他の主要な野菜(大根、ニンジン、キャベツなど)に比べて消費量が少なく、新潟県のカブ需要は現在大規模にやっている研修先地域のカブ農家さん達で満たされている様。
確かに、私も180円の大根と180円のカブが並んでいたら、大きな大根を買っていました。
カブの産地なので、直売所にもカブはあふれてます。
私たちのカブを作っても売れる場所はあるのか?東京?

でもでも、
ここら辺の問題は、規模ややり方によって如何様にもなるんじゃないかと思っています。
就農直後からカブをメイン作物にして生計を立てていくのは難しいかもしれませんが、他の作物をメインとしながら二人で無理なくこなせる量のカブをやりつつ、今後の展開を探っていくのが良いのではないかと考えています。

研修先の農家さんは、カブは大変だからやめとけ、とおっしゃいますが、、、
実際研修してみて、カブへの思いは大きくなってしましました。

======

明日からトウモロコシの収穫が始まる7月頭まで、8時出社に戻ります。
忙しさと眠気に負けてここ2ヶ月やっていなかった就農計画の検討。
6月の内にもっと煮詰めていこうと思います。


美鈴





該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suzumasa1311.blog.fc2.com/tb.php/26-48515acf