すずまさアグリカフェ

すずまさ農園の日々。新潟にUターン新規就農した元SE夫婦の営農記録です。
0

ニンジン畑にキジの卵。畑に現れる鳥達。

ニンジン収穫をしていたら、隣にいたパートさんから「卵!」と叫び声。ビックリして見てみると、ニンジンが生えている所に丸く穴が空いて、そこに卵が8つありました。

畑の中のキジの卵

パートさん達によると、どうやらキジの卵らしいです。

一つ一つは、うずらの卵より大きくて、鶏の卵の半分くらいの大きさ。
泥で汚れているけど、色は白に見えました。
手のひらに乗せるとこんな感じ。

キジの卵

どうやらキジの卵は美味しいらしく、パートさんが喜んで家に持って帰ったのですが、もう食べれる時期を過ぎてたらしいです。

次の日、旦那がキジが卵を探しにきてたのを見たとのこと。
周りのニンジンも収穫してしまったし、そのままだと収穫時のトラックにつぶされるし、生かすにしても人が触ってしまうから難しいのかもしれないけど、、、かわいそうな事をしてしまいました。

=====

畑のある場所は、新潟市の端っこだけどそんなに田舎な所ではないです。
畑や水田が広がっているけど、家もいっぱいあるし、新潟市内に通勤している人もいっぱい住んでいるようなところなのですが、結構畑には鳥がやってきます。

私が新潟に来てから半年。その間こんな鳥達に出会いました。
冬は白鳥。(主に水田に)
春になると、うぐいす。
カブの収穫時期には、ヒバリやキジがいて、
夏が近づいてくるとカッコウ。

白鳥は鳴きながら隊列を組んで、畑の上空を通りすぎて行きます。
田んぼでエサを食べているらしく、昼は田んぼ、朝夕は池と行き来しています。

春のうぐいすは、最初はうまく鳴けなくて、ホーホケ、ホケって鳴いているのですが、暖かくなるにつれて段々上手になっていきます。6月頃にはバッチリ。

ヒバリは祟りがあるらしく、卵や巣には皆触りません。
卵に触っただけで百日間原因不明の熱にうなされたとか、「百年のろってやる」って鳴いてるとか、なんかやたらと怖い話を聞きました。

白鳥やキジのような大きな鳥を動物園以外で見たのも初めてですし、生活空間にいる事がすごく不思議な感覚でした。

=====

畑で作業をしていると、時折鳥達の鳴き声が聞こえてきます。
鳴き声は鮮明で、空気の広がりを感じます。
こういうのも畑仕事の気持ち良い一瞬ですね。


美鈴




該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suzumasa1311.blog.fc2.com/tb.php/43-444e58b6