すずまさアグリカフェ

すずまさ農園の日々。新潟にUターン新規就農した元SE夫婦の営農記録です。
0

秋カブの収穫始まりました

10月に入って、カブの収穫がはじまりました。

やる作業は春と一緒で、朝5時からカブの収穫→一日中カブの調整作業。

ただ、春と違ってこの時期は朝5時はまだ真っ暗ですね。
真っ暗な中、皆でトラックに乗って畑に移動。

真っ暗といっても目は徐々に暗闇に慣れてきて、うっすらと見えます。
周囲はモノクロで、周りの人たちも陰の状態。
みんな無言でカブを収穫していて、カブを集める音やコンテナ同士があたる音なんかが聞こえます。

採り始めて20分くらい経つころ、気がついたら手元のカブに色が付いてきていて、
真っ暗だった空が明るくなっています。

そして黙々と収穫。

腰が痛くなってきたなーと背を伸ばすと、6時前。
太陽が地平線から昇ってきます。

=====

私が研修をしている新潟市赤塚の地域では、砂丘地で大根やネギを作っている方が沢山います。
大根の人たちの朝はもっと早くて、2時や3時から収穫をしているらしいです。確かに私たちが畑に付く頃には、周りの畑の所々でトラックいっぱいに大根が積まれている様子を見かけます。

朝焼けの下の収穫じゃなく、星空の下の収穫ですね。夜は何時に寝てるんだろう。
ちなみに私たちは、早朝カブの収穫がある時は9時には寝ます。8時半頃寝てる日もあるかも。SE時代には考えられなかった就寝時間です。

ではでは、おやすみなさい。

美鈴

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suzumasa1311.blog.fc2.com/tb.php/53-9934e680