すずまさアグリカフェ

すずまさ農園の日々。新潟にUターン新規就農した元SE夫婦の営農記録です。
0

大型特殊運転免許取得研修受けてきました

主人に引き続き、大型特殊運転免許(農耕車限定)の取得研修を受けてきました。

新潟県では、農業に携わる人向けに、農業担い手農耕用免許取得研修というのを農業大学校でやっています。
新潟県では米農家が多いので、開催時期は稲作で忙しい時期は外した期間で
7月、8月、10月、11月に合計6回今年は開催されました。

私は最後の11月の回に参加。

1日目:1コース目の練習、模試
2日目:2コース目の練習、模試
3日目:運転免許受験、機械整備、清掃

という予定です。
テストコースが2コースあって、その2つを1、2日目で練習し、3日目に警察官が大学校に来て免許受験を受けるという内容です。

====

10月に受講した旦那からのアドバイスは、「温かくしていけ!」
アドバイス通り、これ着過ぎじゃないかなーと思うくらい着込んで行きました。

いやー、コレ正解です!

今日の感想は、とにかく寒かった!!
一日中外でトラクターに乗ったり、順番を待ったり。吹きさらしなので冷たい風をもろに受けるし、何より動かないんです。日頃農業で外作業をしている時は、大体結構動くので温かくなるんですが。

参考までに、今日の服装は、
上:
  ヒートテックの長袖
  裏起毛の温か長袖Tシャツ
  フリースの上着
  ビニールヤッケ
  雨合羽
  フリースのネックウォーマー
下:
  ヒートテックのタイツ
  ユニクロのダンパン
  雨合羽
  プラス、防寒靴下に中が起毛したスノーブーツ

結構重装備です。
男性の方で、結構薄着の方がいらしたのですが、途中で雨合羽を着ていました。やっぱり寒いですよねー。

======

始めに、教官がコースと運転のポイントを丁寧に説明してくれます。
その後、受講生が順番にコースを運転して練習します。
今回は受講生は9人。トラクターは3台用意されていました。

トラクターに数回乗ったことしかなく全然慣れていなくて不安だったのですが、ギアの変更も最初と最後しか無く、アクセルでスピード調整、止まる時にクラッチとブレーキを踏む程度。後は方向指示器を操作するくらいなので、運転自体は結構すぐ慣れます。マニュアルの車を運転できるなら、全然問題ないです。

コースもT字路での方向転換の時にバックがあるくらいで、後は線路の横断や一時停止などの普通の運転だし、座っている席から車体全体が見えるので横幅や後ろなどの車体感覚も掴みやすかったです。

問題はコースを覚えること!

説明を聞いてからすぐにコースに出て運転します。主人の時は、午前中に説明、午後からコースを運転。で昼ご飯の時に覚える時間があったらしいのですが、私たちは慣れていない人が多かった為か時間が押して、午後にコースの説明を聞いたらすぐにコースに出て運転でした。

自動車と違って、トラクターには一人しか乗れないので、隣で説明してくれる人はいません。もちろん手にもコース説明図は持てないので、さくっと覚えて運転するしかありません。

年を取ると覚えるのに時間がかかるんです。そこら編を考慮してか、運転する順番は年齢順になっているらしい。
私はちょうど真ん中くらいだったので、若人が運転している間に一生懸命コースを覚えました^^;

=====

複数人でトラクターに交代で乗って走るので、コースを走って練習できるのは今日は3回程度でした。
1コースの模擬もする事ができなかったので、明日は朝一で1コースの模擬から始まるとのこと。お家で復習&イメトレしなくては、です。

美鈴

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suzumasa1311.blog.fc2.com/tb.php/63-6ed9adeb