すずまさアグリカフェ

すずまさ農園の日々。新潟にUターン新規就農した元SE夫婦の営農記録です。
0

なぜ就農しようと思ったか2

1でも書きましたが、農業について調べる中、何人かの農家さんにお会いしました。農業を仕事にしようという気持ちは、その中で強くなっていった気がします。

・ 研究するかのごとくトマトの栽培に取り組んでいる農家さん
・ 全国規模のリレーでレタスの周年出荷を手がける企業を作り上げた経営者さん
・ その企業で、力いっぱい働き、ガンガン稼いでいる農家さん達
・ 地域で出荷団体を作る為に、仲間作りをしている農家さん
・ 一から自分の農園を作り上げている最中の新規就農者の農家さん

土作りにこだわって、栽培方法を工夫して、経営について悩んで。規模や向かっている方向は様々ですが、皆さん自分の目指すところに向かって日々農業と向き合っている方々でした。

いろんな農業がある事を知りました。そして、一生懸命取り組まれている姿勢はまぶしかったです。
こんな風に農業に携われたら面白いだろうと思いました。

身近に農家が居ない人は、農家って自給自足のノンビリ田舎暮らしなイメージの人もいるかもしれないです。また、身近にいると、汗水垂らして農作物を作ってもシンドイわりに対価が得られず暮らしていけないもの、と思われている方もいると思います。

お話を聞いた農家の方から、百人いれば、百通りの農業の形がある、と言われました。
道は結構自由なんだと思います。自然農で生活を成り立たせている人も居るし、旦那さんが畑で野菜を作りそれを奥さんがキッチンカーで料理しながら売ってる夫婦も。毎日全力で野菜を作って、1千万越えの所得を得ている人も。家族で経営できる規模でも良いし、従業員を雇って規模を大きくしても良い。

厳しい環境ながらも、一から自分たちの農業を作り上げていきたいです。

====

その他、農業に惹かれた理由を列挙。
・ 朝方生活!
・ 家族で仕事が出来る
・ もの造り
・ ずっと現役でいられる
・ 農薬、土壌、気候、など沢山勉強することが溢れている
・ 国の支援策が豊富
・ 35歳未経験でも独立経営できる
・ これまで受け継がれてきた耕作地を次世代に伝えるという役目

そして、土を触って、大きな空の下でする作業が気持ちよかったから、というのもやっぱりあるかも。

たいした理由でも無いので、これまで書くのはやめていたのですが、
この1月で研修を始めて一年が経ち、ちょっと当時の思いを残しておこうかなと思って書いてみました。
とりとめ無いですが、これが私たちが就農しようと思った理由です。


美鈴

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suzumasa1311.blog.fc2.com/tb.php/79-e8c39073