すずまさアグリカフェ

すずまさ農園の日々。新潟にUターン新規就農した元SE夫婦の営農記録です。
0

お久しぶりです。ちょっと就農準備進みました。

随分お久しぶりの更新になってしまいました。

4月から、カブ、メロン、スイカの整枝などの研修作業に加え、自分たちで研修先農家さんの畑を借りてやっている実習のようなズッキーニの栽培を始め、日々の作業に追いかけられていました。
私も、旦那も元気です^^


この2ヶ月の間に、就農の為の準備も進みました。
国や県、市が実施している農業者や新規就農者に向けの制度を利用する為に、いろんな所に同意をもらいに行ったり、認定してもらったり、という事務的な事がぐぐっと進展した感じです。

昨年の一年間は、自分たちがどんな農業をしていくか、どんな作物をどれくらい作るか?を考えて、その計画で経営が成り立つかを検証したりしていたのですが、今年は実際に、農地を借りたり、色々申請をしたり、、、と実際に動いています。

どんな農業経営を考えているか、、、というのは、また今度書こうと思います。
今日は、今年に入ってからの農地借りたり、申請したり、、といった事務的な事の流れと進捗具合を書きますね。
ちょっと説明的な文章になって、面白くないかもですが。

ちなみに、これはあくまで新潟市での場合です。他の市では違う可能性大です。

■■【申請等と進捗具合】■■

1. 借りられる農地5反を見つけ、地主さんに了解を得る (3月上旬完)

2. 農政振興部会にて、新規参入に同意をしてもらう (4月30日)
   そのために
   − 借受ける農地がある地域の、農家組合に同意をもらう(4月13日完)
   − 借受ける農地の農協と協議する(4月15日完)
3. 農業委員会にて、1.の農地について、利用権を設定する(5月15日完)

4. 「認定新規就農者」という認定をもらう ← New!現在ここ

5. 「就農支援資金」や「新規参入者経営安定資金」などの融資を申請する

6. 県農林水産業総合振興事業などの補助、助成を申請する

7. 「青年就農給付金 経営開始型」の申請をする

8. 個人事業主として、税務署に事業者登録をする

9. 農機具やビニールハウス、肥料や農薬などを購入し、2016年2月からスタートできるように準備する

■■■■■■■■■■■■



正確には知りませんが、数年前から新規に農業を始める人向けに色々な制度が用意されていて、私たちもそれを活用させてもらう予定です。
その為に、まずは4.の「認定新規就農者」として認められる必要があります。
1.2.3.は「認定新規就農者」として認めてもらう為に、必要なことです。

なので、もし、資金や道具が揃っていたり、今ある資源で手の届く範囲から始めたり、国や県などの制度を利用しない場合は上記の1から7はしなくても始める事はできるんじゃないかと思います。

私たちも、小さく始めて大きな投資はせずに農業経営を開始する予定ですが、いくつかどうしても揃えたい高額な道具があって、そのためと、経営開始直後の不安定な状態をなんとか生活していく為に利用させてもらいます。



今は、4の「認定就農者」として認めてもらう為に、計画書を書いたり購入予定の農機具の見積もりを取ったりして書類を準備している所です。

すこーし進んだ感じが伝わりましたかね?
できたら、上記の1.から3.がどんな風だったかもブログに書きたいなと思っています。
書けるかな?

美鈴

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suzumasa1311.blog.fc2.com/tb.php/90-81017f8b